トラブルの発生を避けよう

起業前に知っておきたい個人事業主の税金の話

>

必ず支払わなければいけないもの

所得税の計算方法

1年間に頑張って稼いだ金額に、所得税という税金が課せられます。
まず全体の収入から、経費や控除を引いてください。
それが事業所得になり、所得控除などをして課税所得を計算します。
所得税の計算方法は、課税所得に税率をかけて、税額控除を引いた答えになります。
確定申告をする時に支払うので、翌年の2月16日から3月15日までは計算を済ませておきましょう。

確定申告ができる期間は、この1か月間と決められています。
早めに取り組むことでゆっくり計算できますし、自分が出した答えに間違いがないのか何度も確認できます。
もう少しで確定申告の期間が終わってしまう時だと焦って、計算を間違えるので気を付けてください。
正しく納税できるよう、準備しましょう。

消費税も発生する

普段買い物をする際に、誰でも消費税を支払います。
身近な税金である消費税は、個人事業主が納税する時にも発生すると忘れないでください。
基本的に消費税は、事業年度の売上が1000万円以上になった場合に発生します。
消費税の納付期間は、3月に決められています。

しかし消費税を免除できる条件があるので、自分が該当していないか確認してください。
会社の経営を始めてからまだ2年未満だったり、2年以上経過していても前々年度の課税売上が1000万円以下だったりする人は消費税を支払わなくても大丈夫です。
売り上げが多くない個人事業主は、間違って納税しないように注意してください。
このように条件が決められている税金もあるので、事前に確認しなければいけません。